いろいろなタイプのクレジットカード。

クレジットカードは今や生活の中で、一つの必要アイテムとして存在し多くの人が所有しています。その種類は様々で、後払いではなくショッピングと同時に引き落とされるデビッドカードもその中に含まれています。一般に言われるクレジットカードの場合、支払い方法には数種類あり一括払いや、毎月定額を支払うリボルビング払い、ボーナス月に加算されるボーナス払い等が好まれています。今ではカード払いに対応している店舗は大半を占めるようになってきており、薬局や病院等でも取り扱っている所が多くなってきています。ただし支払い時に注意したいのは利子に関することで、支払い回数が増えていけばその分利子が増えていくので、なるべく早い段階で支払いを終える事がお得であり、その工夫により便利にクレジットカードを利用するコツにもなると言えます。

クレジットカードとキャッシング

クレジットカードは買い物だけではなく、カードローンやキャッシングにも利用出来るということですが、これはあまり利用しないほうが良いようです。それは金利が一般のカードローンよりも高くなっているからです。それならば銀行関係のカードローンを利用して借り入れをしたほうが金利が安く借り入れられます。その差も大きいので、クレジットカードの場合にはあくまでも買い物で利用するということが良い使い方ということになります。それも1回払いの場合には金利がつかないので、その点でも有利です。それで支払いもだいたい1ヶ月先ということですから、その点も便利な使い方が出来ます。そうなると無料で利用出来るということですので、キャッシングで使うより、はるかに有利に使うことが出来るということになります。そのようにキャッシングではどうしても必要な時に利用するのが良いようです。

学生・主婦でもクレジットカードは作れます。

以前であれば、クレジットカードは20歳以上で定職がある方だけが持てるものでしたが、このところでは主婦層や学生もクレジットカードを持つことが主流となりました。審査の規制が緩和され、配偶者に定収があることや実家住まいで保護者に定収があることといった条件さえクリアされれば、カード発行審査が通ります。ただし、条件によってはクレジット借入枠が10万円まで等というような制約がついてしまうことがあります。これまでクレジットカードを持ったことがない方でも、借金を持っていない、パート勤務でも働き先がある等といった条件があれば多くのケースでカード発行が許可されていますので申し込みをしてみましょう。カードを作る際には、本人名義の銀行口座と通帳届出印が必要になりますので、もし現在銀行との取引を持たない方は同時に口座を開設する必要があります。